振袖のレンタル今のトレンドをチェック

振袖は未婚の女性しか着ることができない日本の美しい着物です。袖を振るという字のとおり、両手を広げたときに下に広がる長く華やかな袖が、未婚の女性の上品で可憐な雰囲気を出しています。このような優雅な振袖を着るときといえば、成人式や結婚式などの華やかな場所が挙げられます。しかし、このような場所に着て行く場合、振袖を買うとなると購入金額もばかになりません。洋服に比べて着物は値段的にかなり高く、少なくても数十万はかかる高価なものです。このような場合、やはりレンタルを利用するのが賢い選択でしょう。振袖は昔からある伝統的な着物ですが、洋服同様に毎年流行の型が作られます。そのため、レンタルを利用するとしても、そのシーズンのトレンドの振袖を選ぶことは十分可能です。

振袖のトレンドとはどのようなものか

着物には洋服のようにトレンドはないように思われがちですが、実は毎年新作が作られており、その年のトレンド柄というものがあります。特に最近は、着物とはいえ、洋服のように気軽に着ることができる柄が増えているといわれています。今の振袖のトレンドといえば、まず小紋柄でしょう。普通振袖の柄といえば、左胸から前身頃、裾へ流れるように柄がつながる絵羽柄になっていますが、小紋柄は同じパターンの柄が全身にデザインされています。そのため、どこから見ても柄の模様が美しく、とても優雅に見えます。人気のある柄といえば、白地にストライプと松竹梅などの雪輪の小紋柄が入ったものです。また、黒地に大きな椿の花を大胆にあしらった小紋柄も人気の柄です。購入と違って、そのときのトレンドの振袖を気軽に着られるのが、レンタルのメリットです。

トレンドの振袖をレンタルするときの注意点

せっかく振袖をレンタルするのだから、トレンドのものを着てみたいと思う人がほとんどでしょう。洋服でも流行のスタイルのものを着るとテンションが上がるように、華やかなトレンドの振袖を着ることで優雅な気分を味わうことができます。しかし、ここで注意点があります。着物は体型によって色や柄が似合う、似合わないがあるといわれています。背が高い人には黒や濃紺などの落ち着いた色調の大柄な模様の振袖が似合うといわれており、小柄な人には淡い色調や、赤やピンクの柄を合わせたほうがよいといわれています。トレンドの色柄だからという理由だけでレンタルすることを決めてしまわず、お店の人に相談したり家族などに見てもらったりすると、自分の見た目と違うことをアドバイスしてもらえるでしょう。トレンドの振袖は若い女性にとてもよく似合います。そのため、上手に選びたいものです。

2016年12月27日